2017年04月12日 - 川崎で犬のしつけ相談・トレーニングなら犬竹-kentiku-にお任せください

犬竹-kentiku-
愛犬のしつけ・相談が出来るドッグトレーニングスクール
2017年04月12日 [犬のしつけ]
データになにがわかるんじゃい

犬について多くの科学者が実験を繰り返して

犬の気持ちや犬の生態について研究しています。

有名な所ではスキナーボックスやバブロフの犬等は

犬関係の仕事に付いていなくても大学などの講義で聞き覚えのある方も居ると思います。

この研究データは今日犬のトレーニングでは古典的条件付けやオペラント条件付けに応用されて

「犬のしつけ」と言う形で広まっています。

みなさんが本屋さんで手に取られるしつけの本に書いてある

しつけ方法はこういった研究者たちの絶え間ない努力により

成り立っているのです。


川崎で犬のしつけ・トレーニング・相談なら犬竹-kentiku-
HP http://www.kentiku-animal.com/

↓イイネを押すと最新の更新記事が受け取れます!
Facebookアカウントはこちら


ですが納得のいかないことも多々あるのは事実です。

特にこの「理論」というものに縛られているトレーナーの言うことはどうにも私は

信用できないのです。

05_06

理論は確かに大切です。

これを全然知らないトレーナーは勉強不足です。

なぜなら自分が行うトレーニング方法を理論立てて説明できなければ

それをかみ砕いてわかりやすくして飼い主さんに説明するなど出来ないからです。

勘で行うことに裏付けを付けられなければそのトレーニング方法は不完全な訳です。


でも勘を大切に出来ないトレーナーは経験不足です。

机の上でお勉強しかしてなかったんだな

って思います。

理論で固められれば「この犬はこういう犬なんだ」

という変な固定観念が生まれます。

私たちが自分に置き換えて考えればわかりますが

いくら大人しい人でもいきなり訳が分からないタイミングで興奮したり

怒ったりしますよね。

怒りやすい人も常時キレてる訳でなく穏やかなときもあるのが普通なんです。


だから理論で説明しきれない事は動物には沢山あるんです。

それは表情や体のこわばりや自分との関係や・・・・

様々な要因が絡んで来る訳です。

78546

こう書くとしつけって難しいもんなんだなぁー

と思われますが難しくはありません。

私たちだって他人と会話するとき少なからず相手の機嫌を感じながら

話しますよね。

沢山の人に注目されると発言しにくくなったり

逆に少人数に見られると恥ずかしくて声に出なくなったり


性格診断だって「科学的検知から見た心理テスト!」

とか謳ってもそれが当たりかどうかなんてその人の価値観と潜在的な願望で変化します。

私は心理テストだと大体全人類数パーセントという非常に稀な性格として分類されますが

自分の性格を変わってると思った事はないのです。

私自身は自分を「根暗オタク気質」と思いますが

そんな性格なんて死ぬほど世界にはいるでしょう。


知識も大切だし経験や勘も重要な訳です。





あなたの一つ一つの行動が犬に影響を与えて信頼や不信感を作るのです。

犬との良い関係を作りたければしつけの方法に固執してはいけません。

自分の行動を見直す事が正しい犬のしつけなのです。

川崎市の犬竹ーkentiku-ではそのお手伝いをさせていただきます。

使い古された英国式、欧米式とは違うトレーニングを是非ご体験下さい。

「預け型より出張型の方が改善が早い訳」

お問い合わせ

しつけについて
犬の豆知識
犬を飼う前

ホームページトップに戻る

このページの先頭に戻る