2017年04月06日 - 川崎で犬のしつけ相談・トレーニングなら犬竹-kentiku-にお任せください

犬竹-kentiku-
愛犬のしつけ・相談が出来るドッグトレーニングスクール
2017年04月06日 [自分の思い]
箱に詰め込んでるのは確かに・・・

ペットショップで生体販売禁止

という運動を愛護家たちの間ではよく見かけます。

理由は犬や猫を箱に詰めて売っている

あの独特の展示の仕方が筆頭に挙げられていますね。

ショップで買うのでなく保健所に行こう。

とも言われますが

そんなにショップで買う事が悪いのでしょうか?

川崎で犬のしつけ・トレーニング・相談なら犬竹-kentiku-
HP http://www.kentiku-animal.com/

↓イイネを押すと最新の更新記事が受け取れます!
Facebookアカウントはこちら

仮にショップがなくなり皆が保健所に行き捨てられた犬を引き取り

全国で処分される犬が0になったとしたらその後で犬を迎えたい人は

どこで犬を迎えればいいのでしょうか?

ブリーダーでしょうか?

世に中には非道な繁殖をするブリーダーも多くいます。

無理やり体のサイズを小さくされた子達

わけのわからない組み合わせで繁殖されたMIX

そこから購入すればまた悪循環が始まります。


また全ての生体販売しているショップが非道的な箱売りをしているわけでなく

例えば日本でも最大手に数えられる「ジョーカー」などは箱に詰め込んで

売る事をしていませんし、多くのショップでは箱に入れて展示するのをしないようにしている

動きも良く見られます。

広いブースで日中は電展示されている

重要なのはとりあえずぶっ潰せの精神ではなく

「改善」であると私は思います。

売れ残りは処分する

金のために大量に仕入れる・繁殖させる

汚い環境での飼育

店員の知識不足


等など

様々な問題を抱える日本のショップ事情ですが

犬と人の接点の場所でもあるのがペットショップ

多くの人に「犬と協力し合う喜び」を知ってほしい私は

ショップがなくなる事には反対意見です。


保健所で捨て犬を迎える事は大変素晴らしいことだと思います。

ですがその中で

保健所から犬を「迎えた」私は素晴らしい

ショップから犬を「買った」あなたは最低


と言っているようにしか聞こえない人もいるのも事実です。
(というかはっきりそう言ってる人もいる)


どこから犬を迎えても同じです。

家族として迎えようとしたその覚悟が本物ならば。

例え最初が「かわいいから」が

理由でも最後まで飼育すればそれは立派な愛情なわけです。

ペットショップを無くそう

ではなく

悪質なペットショップを改善させよう


そういう気持ちをもつことが日本がペット先進国になる上で

重要な事なのではないでしょうか?


見たくないから叩き潰すではいつまでも日本は「野蛮国」

として海外から見られます。


相手を許す

というのが本当に強いことだとガンジー先生が言ってましたね


愛犬家や愛護家、犬業に携わる人たち。

そして飼い主さん

必要なのはその許す「勇気」なのかもしれませんね。


あなたの一つ一つの行動が犬に影響を与えて信頼や不信感を作るのです。

犬との良い関係を作りたければしつけの方法に固執してはいけません。

自分の行動を見直す事が正しい犬のしつけなのです。

川崎市の犬竹ーkentiku-ではそのお手伝いをさせていただきます。

使い古された英国式、欧米式とは違うトレーニングを是非ご体験下さい。

「預け型より出張型の方が改善が早い訳」

お問い合わせ

しつけについて
犬の豆知識
犬を飼う前

ホームページトップに戻る


このページの先頭に戻る