2017年03月21日 - 川崎で犬のしつけ相談・トレーニングなら犬竹-kentiku-にお任せください

犬竹-kentiku-
愛犬のしつけ・相談が出来るドッグトレーニングスクール
2017年03月21日 [自分の思い]
犬と子供の付き合い方

以前私はこんな記事を書きました
小さな子供がいると犬が賢くなる(前篇)
小さな子供がいると犬が賢くなる(後半)

でも記憶に新しいかと思いますが最近で犬が子供を咬み殺すという悲しい事件が

家庭内で起きました。

こういう事件があるともうほとんどの人たちは赤ちゃんがいる家庭では

犬を飼わなくなるかもしれません。

特にただでさえ日本では人気のない大型犬は肩身の狭い思いをするかもしれません。

でもそれでもわたしはあえて言いたい

「子供と犬をもっと遊ばせてほしい」と

川崎で犬のしつけ・トレーニング・相談なら犬竹-kentiku-
HP http://www.kentiku-animal.com/

↓イイネを押すと最新の更新記事が受け取れます!
Facebookアカウントはこちら

子供が良い影響を与えるのは本当だと思うから

以前Facebookページで「ゴールデンレトリーバーの赤ちゃん殺傷事件」について

簡単な意見を付けて記事を投稿しましたが

私の考えは以前と変わらず「犬と子供は遊ばせた方が良い」と思います。

小さな子が動物から学ぶことは人が教えてあげられる事ではありません。

46897

犬は聖獣ではありあません。

ただ何が善か悪かというのを犬の基準でしか持たないだけです。

犬は嘘をつかないと思っている方も居るようですが

嘘をつく犬なんてたくさん見てきました。

まぁ人間のような相手を貶めてやろうというような汚い嘘ではないですが

雌をみれば我慢できない色欲

めんどくさい事はしたくない怠惰

餌があればあるだけ食べたい暴食

全部自分に注目してほしい強欲

相手に対して湧き上がる憤怒

自分を特別だと思う傲慢な心

あいつだけが家族からチヤホヤされてるのが気に入らない嫉妬


12463

人間にも当然の様にあるそのマイナスな感情は当然犬にもあるわけです。

でもそんな動物だからこそ

動物と触れる事

動物に吠えられ恐怖する事

動物が言うことを聞かなくてイライラする事

それでも動物と一緒に物事を達成して感じる喜び

自分より先に寿命が来て死んでしまう悲しみも


それは人間の大人が教えてくれることではなく

動物が教えてくれる人間が持っていた方が良い感情です。

だから私は犬と子供が触れ合うという機会をこのニュースで減らしてしまうかも

しれないのが非常に不安でもあるのです。


幼稚園児の中には魚が切れ身で海を泳いでいる

と思っている子がいるという話もあります。

159753

大人でも鮭が切れ身サイズの魚だと思っている人もいるのではないでしょうか?

鮭の絵描けます?

マグロもいつも切れ身で見てますがかなり大きな魚です。

大型犬は危ないから近寄らせない

触らせない

では

その子達が大きくなったらどうなるでしょう?

犬に吠えられたこともない子は

「犬が危ない」

とか思えません。

めちゃくちゃ咬みまくる犬に対しても小さな子が平然と手を出せるのは

咬まれたことも吠えられたこともないからわからないのです。

わからなければ教えようがありません。

その子が大人になり自分が子供を育てる番になっても

自分の子供にどうやって犬と付き合えばいいのか教えられないのです。

経験をさせないというのは大人がめんどくさいからしないだけです。

それは子を思ってのことでは無いように私は感じるのです。

犬から遠ざけるのではなく

このニュースを機会に多くの飼い主さんには犬との付き合い方を

見直してもらいたい

とは思います。

「うちの子は大丈夫」

その自信を持つのは大変素晴らし事ですが

押し付けるのはあまり関心出来ません。

世の中にはどんなに頑張っても犬が苦手な犬もいます。

それと同じ様に犬が苦手な人間だっています。

「普段から大人しいから」

と思っても何かの拍子に咬みつくことだって100%ない

とは言えないのです。

この「普段とは違う行動」で犬の事故は起きてしまうわけです。

これを防ぐ手は飼い主さんが犬について深く勉強することです。

犬を飼っていて気づくこともありますが

本から学ぶことも沢山あります。

しつけ教室でも簡単なセミナーをしている所も沢山あります。

余裕があればトレーナーから直接学ぶことで大きな助けになるかもしれません。

そして大人が勉強して学んだことを子供に教えてあげてください。

そうすればその子供は大人になった後に更に子供に伝えてあげる事ができるかもしれません。

そうやって広がっていけば海外から見ても

「日本人は人も犬もマナーがいい」

と思ってくれるようになるかもしれません。

犬の殺傷事件があったからと言って犬を子供から遠ざけずに

周りの大人が注意をして犬との付き合い方を教えてあげられる

そんな習慣が広まればいいですね。


あなたの一つ一つの行動が犬に影響を与えて信頼や不信感を作るのです。

犬との良い関係を作りたければしつけの方法に固執してはいけません。

自分の行動を見直す事が正しい犬のしつけなのです。

川崎市の犬竹ーkentiku-ではそのお手伝いをさせていただきます。

使い古された英国式、欧米式とは違うトレーニングを是非ご体験下さい。

「預け型より出張型の方が改善が早い訳」

お問い合わせ

しつけについて
犬の豆知識
犬を飼う前

ホームページトップに戻る

このページの先頭に戻る